Sensual Game(2) 旧バトルファックメモ

女が男を性的に挑発したり屈服させる二次元作品の情報を収集しています。プライドや情報を賭けて男女がイかせ合うバトルファックで男が敗北するシチュが中心。

毎週土or日はレビューの日(という目標)

 

三次元情報も、隔日更新中。Sensual Game(3)

 

web拍手 by FC2

リアルでBF ~遠距離なふたり~ (その3)

そんな彼女とはまったく逆に、快感の大打撃にあわてる僕。
なぜかというと、僕の希望で彼女とセックスするときはゴムをつけていない。
結婚はそのうちするつもりだが、今のところ妊娠させる気はない。
淫魔に犯されて呪縛をかけられたくない淫魔ハンターの気持ちが少しだけわかった気がする。
危機感は全くいっしょだ。

「さて、とどめ刺しちゃる!」そんな僕の思いを無視して、彼女が再び中腰になる。
勝利を確信してうっすらと微笑む彼女に、僕はとうとう弱みを見せてしまう。
「ちょ、おまっ・・・まじでやばいから抜いてくれぇ~~~!!!」
ふふん、と得意げな彼女の顔。
「いつもあなたにはいいようにされっぱなしだったから、そのうち復讐したいなぁっておもってたの♪」
ずぽっ ずぷっ しゅしゅしゅしゅ・・・容赦なく陥落寸前のペニスをいたぶる彼女の膣。
「あっ! あっ!! マジやばっ・・・」
快感に歯を食いしばる僕の顔を見て、満足する彼女。
「中で出しちゃう? 出してみる? いいの? 妊娠しちゃうかもよ??・・・うふふっ」
・・・やっぱり淫魔かもしれない、こいつ。

上も下の口もパクパクさせている僕を見て
「これってあたしの勝ち? 負けを認めちゃうんだぁ♪」
「オ、オレの負けだ! すぐに抜かないとやばいって・・・・ぁああ!!!」
もはや恥も外聞もない。
一瞬ニヤリとしてから、ちゅぴっとペニスを膣から解放する彼女。
顔を近づけて僕のペニスを楽しそうに観察してる。
ヒクヒクっと何回か痙攣を見せた後、彼女の目の前で膣に締め付けられていた余韻だけで僕は射精してしまった。
完全にイかされた・・・屈辱的だ。今までこんなことはなかったのに。
しばらく身動きができない僕のおなかの辺りを、備え付けのティッシュできれいにふき取る彼女。
快感に身をゆだねつつ、僕が聞いた彼女の言葉は・・・

「ねえ、もう一回やろか?」
ま、まじすか!!・・・
彼女から出たその言葉を聞いた僕は、ほんの数十秒くらいだが気絶してしまったようだ。

・・・・・・・ゆさゆさゆさ
疲労感でいっぱいの体を揺さぶられて、僕は目を覚ました。
「やっと起きたか? さっそくなんだけどさ、これ見てみぃ」
目の前に彼女の顔があった。軽く唇を合わせてくる。
僕の股間もキスされたかのようにピクン、と反応してしまう。
そして彼女に促されたその先には・・・再び彼女と結合している僕のペニスがあった。

感度が落ちているせいか、今のところ先ほどまでのような快感は感じない。
僕が目覚めたのを確認した彼女は、ゆっくりと中腰になる。
「さっきの復習しておこう思うてな・・・あたしとしてはいつもと同じようにやってたはずなんやけど・・・」
きゅうううっとカリ首の辺りを締め付ける彼女・・・なんでこいつはこんなに元気なんだ?
「さっきはなんであんなに感じてくれたんやろな?」
僕の瞳を覗き込みながら、腰の動きを再現する。

やばい・・・どんどん大きくなっていくのを自分でも感じる。
淫魔に快感を刷り込まれたBFゲームの主人公ってこんなかんじだろう。
勝手に体が反応してしまう。
抵抗しない僕を見て、彼女が腰の動きを止めた。
「もしかしてこれがええの?」ニタリとする彼女。
クチュクチュ、ジュプッ ジュププ・・・
亀頭責めのピストン運動は、彼女にはダメージが少なく僕には大ダメージなのだ。
快感を隠し切れない僕の表情は、敏感に彼女に伝わる。
「演技やないみたいね。」

彼女の腰の動きが、さっきよりも細かい振動になる。
じわじわとこみ上げる快感というやつか・・・自分から腰が動いてしまいそうだ!
「うふっ♪ また搾り取れそうやね? さっきよりも簡単じゃん。悔しかったら、ガマンしてみ!」
容赦ない腰の動きで僕を追い詰める彼女。
さっきまでの荒っぽさはなく、僕に快感を与えるために学習しながらのセックスという印象を受ける。
思わずその快感に全てを忘れて甘えてしまいたくなる・・・

まったく抵抗しない(できない)僕を満足げに見下ろす彼女。
「いつもみたいに下から突き上げてみてもええで? あたしももう少し感じていたいしな・・・」
そういいつつも、亀頭を中心とした責めは衰えを見せない。
たまに一番奥まで僕をくわえ込んで、スタミナを奪い去っていく。
僕の意思はネチネチとした彼女の責め一色に塗りつぶされていく。
「ううううぅぅ・・・気持ちよすぎる!! またでちゃう!!早く抜いてくれっ」
彼女は不満そうにつぶやく。
「ちょっと早くない? 今すぐ出したらお仕置きやで・・・」
そのあと彼女は何回か腰をやさしくグラインドさせて、僕を絶頂へと誘った。
最後の腰の動きはすばらしかった。
やわらかくゆったりと揺さぶられると、とてもじゃないがガマンなんてしてられない。

彼女はさっきとおなじように僕の絶頂の手前で、ちゅぴっとペニスを引き抜いた。
そして観察モードに入る。ほどなくして迎える射精。
またもや彼女から与えられた刺激に耐え切ることはできなかった。


でも今回はこれで終わりではなかった。
「前から一度試してみたかってん・・・出した後のここって敏感なんやろ?」
僕はボーっとしながら受け答えをする。
「・・・ああ、身動きが取れないくらいにな。こらっ、さわるんじゃねえ」
僕の話を全く聞いていないかのように、彼女はツンツンとペニスをいじりはじめた。
「そしたら、このままこれをローション代わりにしてシゴいたらどうなるんやろな?」
彼女の発言に、背筋が寒くなる僕。
こいつ・・・おれを快感漬けにして壊す気かな??
言葉よりも早く動き出す彼女の指・・・いつも思うのだが、彼女の指は小さい。
僕のペニスに巻きつくと、確実にいくつかの性感ポイントに食い込んでくるんだ。
「な、なにっ!? ちょ、おまえ・・・・ひゃあああ!!やめれ~~~」
敏感な部分を容赦なくこすられて、ぼくは思わず情けない声を上げてしまう。
くしゅくしゅくしゅ・・・関係ないのに乳首までかんじてきちゃう。

「♪~~~~~」
搾り取られた精液を使って、いつもよりも容赦のない手コキをする彼女。
僕がどれくらいの快感と戦っているのかを観察するように視姦している。
「なんや、苦しそうやなぁ~~ あたしがラクにしてあげよっか? ふふふ♪」
実際僕には全く余裕がない。
風俗嬢にもされたことのない射精直後責めをまさか彼女にされるとは・・・
頭の中で火花がパチパチ散っている。
腰をひいて防御したいのだが、体がうまく動かない上に彼女が僕の左側にぴったりと寄り添って抵抗を許さない。

ふいに彼女が手を止めた。なぜ・・・?
おそるおそる目を開けると、彼女がニッコリ微笑んでいた。
「つづきはお風呂場でしよか?」
彼女に状態を引き起こされる僕。
今度はホテルのバスルームに拉致られるようだ・・・


(完)
注:未完で完結。続きの公開予定はないそうです。

ゴローダイナマイ! かるま龍狼

ゴローダイナマイ! かるま龍狼
1999年12月発売
作家 かるま龍狼
出版社 ワニマガジン社

人妻姫と同じく、ストーリーもへったくれもないですが。。
天使グニャプちゃんに取り憑かれた主人公ゴロー君が、
グニャプちゃんに操られて、いろいろな女の子に襲いかかります。
でも、真田先生には・・・

ゴローダイナマイ! かるま龍狼 ゴローダイナマイ! かるま龍狼
続きを読む

リアルでBF ~遠距離なふたり~ (その2)

「無理やり寝た子を起こしよって・・・損害賠償請求しちゃる!!」
プンスカ怒りながら、リズミカルに僕の上で激しく上下運動をする彼女。
とくに工夫のある腰のひねりではないのだが、シンプルな刺激が脳みそに突き刺さる。
彼女の腰の動きは天然のエロさを持っている。
でも、エッチ全般に関してはまだまだ発展途上。

「んん~~♪ ちょっとキモチよくなってきた・・・しばらくあたしの好きに動かせてもらうわ。」
「・・・」
無言で耐えつづける僕。でもこれくらいの快感はいつものことだ。
今なら下から一撃、真上に腰をガーンと突き上げることで彼女の動きを止めるのは可能だ。
しかし、今回は少し自分の耐久力を上げようと思って彼女をそのままにしてみた。
僕は単純なピストン運動なら、受けでも責めでも2000回くらいは繰り返す自信はある。

ふいに腰の動きを止める彼女・・・僕の上に乗って、中腰の状態でジーっと股間を覗き込む。
ペニスの先っぽだけはしっかりとくわえた状態で、少し腰を上げた。
「ほれ、見てみ・・・キミのあそこ、ぱくって食べられちゃってるよ?」
そのあとクスっと笑ったかと思うと、腰の動きを再開させた。

今度はネットリと、音が聞こえるようにミディアムテンポ・・・ギチュッ ギチュ ギチュ・・・という感じで。
ちょうど亀頭とカリのごく短い区間を往復する彼女の腰。
上下運動とともに、彼女の膣に差し込んでいる部分が僕に丸見えになっている。
かなりエロい視覚効果の不意打ちに、さすがに僕も興奮した。僕の攻撃力が半分になる。

彼女の言うとおり、僕のペニスがぱっくりと彼女の下の口にくわえられている・・・なんだかSSのネタになりそうな光景。
さらに続く彼女からの言葉責め。

「なんだかおとなしくなってきちゃったね。 もしかして、もう限界? 気持ちよすぎてしゃべれなくなっちゃったのかしら・・・?」

「・・・出たり入ったりするの見てると感じてきちゃうね。恥ずかしいねー?」

「どうしたの?モジモジしちゃって・・・あたしが動けないようにすり潰してあげよっか??」

あ、あなたもしかして大淫魔とか・・・ですか!?
それともハードディスクの中でおれが保存している文章でも読んだのかな。
僕は彼女からの言葉責めにちょっと困惑していると、精神よりも先に肉体が言うことを聞かなくなってきた。
無意識にセミダブルベッドの端っこをつかんで、力いっぱい握り締めてしまう僕。

一方、彼女の良く締まる膣は僕の一番感じやすい部分だけを往復している。
彼女は僕の顔色を観察しながら、腰の動きを緩めることはない。
くぽっ くぽっ ずりゅずりゅ・・・彼女の締め付けが僕の急所にヒットする回数が増えてきた。
しかもジーっと僕を視姦している彼女。

自分の限界が近い! 僕は亀頭とカリ周辺だけに力を入れ直す。
もう自分から腰を動かして反撃する余裕はない。
でもいつもの僕の防御力なら、なんとかしのげるはず・・・この考えも甘かった。
我慢を重ねる僕の予想を裏切って、彼女の腰が僕を根元まで包み込む。

ズプ、ずぷぷぷぷぷ・・・無防備だった棹の部分が包み込まれる。
「あっ あっ うわあああ!!! 」すごくあったかい・・・彼女に溶かされる。
思わず亀頭とカリ首辺りの力が抜けそうになる。
彼女は僕のペニスが彼女の膣にドロドロと溶かされたのを確認してから、ゆっくり腰をあげはじめる。
その動きにつられて腰をつき上げる僕。

「なに自分から腰動かしてんの? 誰が動いていいって言うた? ほれ」
次の瞬間、彼女の腰がズンと落ちてきた。気持ちいいカウンターを食らってしまった。
「どしたん?そんな顔しちゃって・・・ また全部たべちゃったよ~~」
・・・エロい、エロすぎるぞお前。
後で聞いた話だが、彼女は狙ってこの攻撃を繰り出したわけではない。
中腰が疲れたので、単純にストン・・・と腰を落としただけだったらしい。

(つづく)

嬌艶 きらら萌

嬌艶 きらら萌
発売日 2002年12月17日
作家 きらら萌
出版社 ティーアイネット(MUJINコミックス)

かなり前の作品ですが、
収録されている作品「沸点」がバトルファック風でした。
絵はすごく上手というわけではないですが、嫌いではないです。

嬌艶 きらら萌 嬌艶 きらら萌
続きを読む

リアルでBF ~遠距離なふたり~ (その1)

ファイルを整理していたら、表題の体験記(?)が出てきました。
ファイルの作成が2005年だったので、
たぶん、そのころ2chのどこかのスレに投稿されたものだと思うのですが。。
きちんと記録を残していなかったので、もはやよくわかりません。
秀作SSを紹介していきたいと思います。
出典がわかるものは明示します。


リアルでBF ~遠距離なふたり~ (その1)
# 長いので何回かに分けます。今回は前置きで、中盤以降かなりいいです。
# リアル体験を元に書かれたSSだそうです。
# 理想の性生活のひとつがここにあります。
# この記事の掲載後、作者である11-47さんからコメントをいただいています。
# 掲載を快く承諾してくださった11-47さんに感謝します。
*********
僕は遠距離恋愛中だ。
600km離れた大都市に、そのうち結婚してもいいと思ってる彼女がいる。
今は月イチペースで、お互いが住んでいる地域を行ったり来たりしている。
いつもお互いの仕事が落ち着く月の中頃に会おうと決めている。
今月は僕があちらに出向いていく番だ。

僕と出会うまでは処女同然だった彼女・・・今までの男性経験は3人と、年の割には少ない。
彼女は身長は158cmくらいで普通。
その他のスペックは80・59・85ってところかな。
抱きしめた感じは細いのだが服を脱がせるとなんともエロい体つきをしている。
最大の特徴は、膣の締りがとてもいいことだ。
単純に膣が締まる瞬発力がすごい。いわゆる名器というやつかも。

彼女が言うには今までの彼氏は、いざエッチの場面になっても彼女に速攻でイかされてたという。
彼女の入り口は、デフォルトでキュキュキュっと・・・本当によく締まるので当然かもしれない。
しかも感じ始めてくると、膣の奥のほうがペニスの一番太い部分をすり潰すように締め付けてくる。
いわゆる2段締め。
でも僕のペニスは鈍感なので、今のところ無様にイかされたことはない。
彼女からの感想を聞いてみると、セックスに関してはおおむね満足してくれてるようだ。

二人の共通の趣味として、今はリアルでバトルファック(彼女もなんとなくそれを理解している)を会うたびにやっている。
ネットの話と違って、たいていは引き分けになる。まあ、お金もかからないしいい運動になる。
しかも気持ちいいという健康的な趣味だ・・・と前向きに理解している。
彼女は攻撃力が高いけど快感を防御するのが下手なので、こちらが何をやっても感じまくってしまう。
僕はというと、相手への攻撃力は普通だと思うけど、防御はうまいほうだと思ってた。

ホテルで迎える朝、僕はいつもの習性で早起きしてしまう。
自宅からの通勤時間がかかるほうなので、僕は早起きが苦にならない。
逆に彼女は勤務先が家の近くなので早起きは苦手。
したがって朝は弱いということになる。
僕は朝イチで身動きの取れない彼女(意識は目覚めているが体はついてこないらしい)を犯すのが好きだ。
こっちも朝立ちしてるのでちょうどいい。
「おはよー♪」と声をかけつつ、今日も元気に彼女を犯す。

彼女のほうは起き抜けで目もまともに開けていない。
そこへ朝立ちで元気な僕が彼女の腰を持ち上げる。
「んん!・・・!!!」 うめく彼女。
毎度のこととはいえ、いきなりグサッとペニスが突き刺さってくるのは刺激が強すぎるらしい。
ちょっと苦しそうな彼女の顔が、僕のサディスティックな部分を満足させるのかもしれない。

しばらくして正常位に飽きると、僕はいつものように彼女を後ろから責めていた。
彼女が言うにはバックの状態でずぷずぷされると、自分では締め付けを制御できないらしい。
僕は自分の位置を調節できるからそれほど感じなくてすむけど、彼女はバックをされていると頭がボーっとしてくると言う。
さらにこちらの責めが的確に彼女の性感帯を貫くと、官能的な喘ぎ声も出してくれる。
まあ、喜んでくれるならなんでもいいのだが・・・ついでに彼女は言葉責めをされるのが好きらしい。
こいつはM属性なんだな、と最近気づいた。

「なあ、今日もきみのあそこヤバいんじゃねえ? ドバドバとお汁でてるぞ?」
「クリちゃんを爪の裏側でツツーってこすってあげよか?」
「こうやって両手を後ろにされて動かなくされるのが好きなの? 抵抗できないねー 恥ずかしいねー♪」
顔を真っ赤にして会館と屈辱に耐える彼女の顔がたまらない。
僕が放つ言葉の全てがクリティカルヒットする。
彼女のリアクションがいいので、自分のセックスのテクニックが上がったのではないかと錯覚してしまう。

ひとしきり彼女を責めて、彼女がぐったりしたのを見計らって僕は彼女を解放する。
大満足で横になる僕とは対照的な彼女。
「な、なんかムカツクわー・・・」ぶすーっとした表情で彼女が僕の上に乗ってくる。
ん? 何すんのアナタ? 運動した後だからおれは眠いんですけどー。
息が荒い彼女にベッドにゴロン、と仰向けにされる僕。
「今度はあたしが上になるから覚悟しなさいよ」
コイツ・・・騎乗位なら自分が勝てると思ってるのか!?
過去の対戦を思い返しても、負けた記憶がない。
まあいいや、と彼女の好きにさせることにした。

(つづく)
管理人用

記事検索
タグ絞り込み検索
3次元情報(姉妹blog)
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンタ(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

+1,570,203(移転前)

since 2009.1.4